オレクヤン

私利私欲に溺れていたと、ふと考え込んだ話。

どうもこんばんわ。B-SquAdのオレクヤンでございます。

このビースクは、俺の憩いの場。何を書いたっていいよね。
誰かの為になるかはわからんし、気になる人は最後まで読んでくれたら幸いです。

今回もまた、しょうもない話をしょうもなくダラダラ綴って行きます。

ふと考える。

仕事中、基本的にクズなのでずっと悩んだり、考えたりをくりかえしています。

勿論仕事に関係ないことがほとんど。

そんな時、あまりにお客が来ず暇すぎたので、ついつい良くない考え込む性格が出てしまいました。

これが、まぁ考え込んでしまいまして。
過去について、俺自身どうだったのかと思い返していました。

30年間。私利私欲に生きた。

この30年間、ほとんどといっていいほど俺は私利私欲をひけらかして生きてきたんだと思った。

中学で女を知り、賭け事にも目覚め。
高校にはいって、極めるわけでもなくただ好きという理由だけで、ギターを弾いたり、金欲しさにバイトに明け暮れ、彼女を猿と化していたのは、晒すと恥ずかしい過去だ。

その勢いのまま、やりたいという理由だけで音楽の専門学校に通い。
大した事もせず、気づけば卒業。

そして、ニートを経験して、気づいたら今が一番まともな生活なのかもしれない。

賭け事と音楽での借金。

ニートで金もない。
なのに、借金は出来た。

この借金を増やすためにどうするか。

ライブの企画で、客を読んで、バックで増やす。
賭け事で増やす。
FXで増やす。
事務所に所属してる時に、チャンスをつかむ為に使う。

どれも失敗に終わった。

素直に働いていれば、今つらい思いはしていない。

でも、働きたくなかった。

クズだ。

今でも思うクズだと。

私利私欲だけ。

歌いたい。

ライブをブッキングしてもらう。

ちょめちょめ

風俗

金がほしい

パチンコ・麻雀

だるい

家で、ゴロゴロ

そんな生活とおさらばした今。

とても、幸せとは思えない。

幸い、嫁もいて仲良くやっている。
それだけでも幸せと思うべきだが、やりたい事が出来てない。

全て俺のせい。

全ては、俺のせい。

俺が選んだ道だ。

なら、変えていこうじゃないか。

俺の思い描く世界に、俺が迎えばいい。

だから、俺は、ブログをやめない。

はゆま氏を始め、ビースクのメンバーと成長していくのだ。

そうすれば、歌も歌えるようになるだろう。

 

また、締めがよくわからない結果になってしまった。

それじゃぁ〜ばいなら。

-オレクヤン
-

Copyright© B-squad , 2020 All Rights Reserved.