オレクヤン

とある嫁との会話。千年殺しをされた嫁。

投稿日:

どうも、こんばんわ。
B-SquAdのオレクヤンでございます。

毎度、おなじみしょうもない話を今回も綴って参ります。

とある一日の始まり。
それは、嫁との会話で起きた摩訶不思議なできごとです。

嫁と職場が同じ。

俺と嫁は、職場が同じです。
なので、上司にも理解してもらっていて、働く時間も休憩も全て同じなんです。

そういう状態になると、必然的に出勤も同じ。

1台の車で二人毎朝、会話をしたり時に無言で同じ時を過ごしております。

もう3年以上も続けているので、なんの違和感もない出勤時です。

嫁の状態。

とある平日。

嫁は、少々不機嫌。

それには訳がありました。

毎月訪れる、大切な日の2日目でした。
(ご理解ください。)

といっても、あまり嫁本人も重くないというので、何気ない会話は始まりました。

1日の始まり


「あああ、お腹痛いわぁ〜〜。」
「今回は、ちと重いんだよね。」


「う〜ん。変わってやる事もできんしな。」
「笑ったら、気ぃ紛れる?」


「うん!一瞬ねw」


「松山千春のものまねするわ。」
「はてぇ〜しぃ〜ない。ほおおぞらと」


「wwwww」


「多少は紛れた?」


「全然w??」

嫁の衝撃発言。


「マジで、変わってやれんし、痛みの具合がわからん。」


「そりゃ〜そうだろ。」
「わかったら怖いわw」


「どんな感じなの??」


「うう〜〜〜〜ん」

しばし、嫁考える。

例えて来た。


「あっなんとなく伝えられるかも!」


「おう!教えてくれ!」


「あの、たまにカンチョーされるじゃん?」


「????おっおう。。。。」


「それされると、お腹いたくならない?」


「うん??なる気がするようなしないような。。。」


「えっ??わからない?カンチョーのあと!」


「まぁされた事がないことはないけど、あんまり便意はこないな。。。」


「えっ!まじで?腸がつえ〜んじゃね?」


「それは、よくわからんわwww」

俺は、不思議でしょうがない。


「てか、そんなカンチョーなんかされんじゃん?」


「たまにされたよ〜。まぁ小さい頃がほとんどだけどね」


【心の声】・・・カンチョーなんか大人になってやられる事なんかねぇーよ。


「で、そのカンチョーされたあとに来る、便意が半端じゃなくて、めちゃくちゃ腹痛くなるんだけど」


「うん。。。。」


「その時、お腹の中がうごめく感じわかるかな???」


【心の声】・・・・わかんねぇーよ!なにいってんだこいつ!
「うん。。まぁそうなる人もいるんかね。」


「私は、それが結構あってそれに近い感じ。お腹の中に何かがいてうごめいてる感じ。」

ポカーーーん。。。

何を言っているんだ。俺の嫁は???

俺が間違っているのか?

はたまた、嫁が昔そんな遊びをしまくっていたのか??


「あれ?完全にわかってないね?」


「うん。よくわからん。。。ってか、最近カンチョー誰かにされた??」


「いや、最近はないかな。ってか常に一緒じゃん。されようがないでしょ?私、便秘気味じゃないし。」


「便秘気味とか関係あんの?」


「だってカンチョーって、便秘とか出ない時にやるやつじゃん?」


「えっそうなの?俺便秘気味だけど、そんな事一回もないよ。第一、人に頼むの馬鹿らしいじゃん。」

このあと、俺の頭によぎる。


「ってか、病院とかでもらうじゃん。」


「いや、もらわない。うん????」


「ドラックストアとかでも買えるし。」

わかったぁぁ〜〜〜


「あ、俺勘違いしてたわ。」


「えっ!何が」


「嫁がなんでそんなカンチョーされんのか不思議だったんだよ。」


「そんなにされてないけど、たまにね!」


「俺、、、浣腸じゃなくて、カンチョーだと思いこんでた。」


固まるwwwwwww

千年殺しかと思ったやんけ〜

その後、笑い転げた嫁を見て、笑う俺。

そんな一日の始まりでした。

まとめ

カンチョーは浣腸だ。

リアルアンジャッシュw

それじゃあ〜ばいなら。

 

-オレクヤン
-,

Copyright© B-squad , 2019 All Rights Reserved.