オレクヤン

サラ金に手を出すと、人生終わるという言葉。

投稿日:

サラ金に手をだすな

どうも、こんばんわ。 B-SquAdのしょうもない話ばかりのオレクヤンです。 メイン雑記ブログ【俺悔 為になると信じて

今日もやってまいりました。
しょうもない話のオンパレードでやってきましたが、今回もまたしょうもない話です。

いい暇つぶしにでもなってもらえれば、それでよし!

それでは言ってみましょう。

俺の親父の言葉。

俺の親父は60代半ば、俺が30歳なので早くもなく遅くもない子となるのかな?

俺が専門学校を卒業して社会に振り回される歳になった20代前半の話。

親父と少し話すことがありました。

「サラ金に手をだすな!」

とても、印象深い言葉だ。

そんな話をした時、親父は俺に詳しくは教えてくれなかった。

ただたんに、「サラ金に手をだすな!出すと人生おわるぞ!」とだけ言い放ったのだ。

そこで俺は思った。

「もう手を出してるw」

その時、すでに消費者金融に手をだしていて、10万の満額を借りていた。

毎月5,000円ほどの返済だ。

人生おわるは、大げさだ!

そんなことも思っていたのですが、今30代になってしまって思うことも多くある。

20代半ばは、本当に無知も無知で、今となって勉強を怠ったことを少し後悔している。

借金の意味

今、ツイッターのインフルエンザ、、、じゃなくてインフルエンサーたちの中には、

「借金をしないのは、よくない。」
「レバレッジを効かせないと、金儲けはできない。」

まぁ、ざっくりこんなような言葉が飛び交っています。

これに対して、今の俺も、20代の俺も正論だと思っている。

レバレッジを効かせた勝負を20代にする。

金に困っていた俺は、なんとかしてすぐ大金を得たかった。

単純に、働けばよかったんだけど、自分の時間を拘束されてまで働くことに抵抗があったクズだったんです。

そこで出会ったのは、為替。FXだ!

ただ、この投資類は金で金を動かすから費用が必要だった。
そこで、思い立ったのが借金だ。

元で5,000円より、10万は必要だ。

地獄の始まり。

そこからは、地獄絵図。

アルバイトでも金を借りられる。

そして作った10万円を、FXへ。

それからは、どれくらいの月日がたったかわからないが、そこまで長くなくあっという間に溶かしたのだ。

毎月、バイト代で返済。

すると、限度額が上がる。

また、FX。

死ぬ。

サラ金は、人生を狂わせる

という考えを、ここまで読んだ人は思ったかもしれない。
今でも、結果増えていった借金100万以上の返済を行っている。

それだけ聞けば、人生も毎月支払いに追われ人生が終わるといった親父の言葉もわからんでもない。

FXに成功していれば、、、

ちゃんと勉強して、リスク・ヘッジをかけ、ちゃんとした資産運用を行えば、きっと上手くいっていたかもしれない。

サラ金をして、ギャンブルをしていたようなものだ。

どうりで、上手くいかず借金が増えていく訳だ。

親父の言葉の真相。

これは、何もわからない、無知だった俺が思ったことだ。

親父は、サラ金に手をだすと返済が大変だということを教えてくれたんだと思う。

それは、なんでか?
毎月、5000円なら行けるでしょ!もちろん、楽勝だ。

それで、10万借りられるなら、投資にはもってこいのお金の使い方だ。

税金がある。

おれは、これが抜けていた。

税金があったから、毎月の返済がしんどい。

手取り15万もらったら、そこから生活費をだしてだのなんだのしなくてはならない。

ここに、2万を超える返済は、地獄だ。
増えれば問題ないが、増えなきゃ大変もいいとこだ。

それが今の俺だ。

毎月3万円を超える借金と、滞納してしまった税金が100万を超える。

毎月5万を手取り20弱から返済と納付を行っている。

やりたいことなんて、後回しだ。

まとめ

とかいいいいいいいながら!!!

ブログ書いて楽しんでるけどねえええええ

 

「え?まとまってない!」

 

「ご利用は、計画的に」

 

それじゃ〜ばいなら。

-オレクヤン
-

Copyright© B-squad , 2019 All Rights Reserved.